HIXYON

メモと考えた事を言葉にする練習場

食虫植物を飼う

GW中静岡に旅行へ行き、花鳥園でハエトリソウとウツボカズラを買った。

f:id:hixyon:20190508020054j:image

可愛い。

たまたま家に入り込んだコバエがいたので、早速生け捕りしハエトリソウの中にそっと置いてみた。

閉じない。

ググると中にある2本の毛に触れないと閉じないらしいのでピンセットでそっとハエに触れてない方の毛を突いてみた。

ひゅいと口を閉ざした。

これは可愛い。

 

以前から何かしらの植物を育てたいと思っていたのでひとまず今年冬まで枯らさないように飼うのが今の目標だ。

水苔と石は買ったので鉢が届いたら植え替えに挑戦しようと思う。

失敗しないといいのだが。

イサキれす

プロダクションで知り合った10歳以上年上のプロデューサーの家へ行ったんれす。
そしたら「これ着て欲しい」と言われて、レンコン掘りというか、
魚河岸の人が着てるような胸まであるゴム長を着させられ、捻りハチマキをさせられたのれす。

向こうは全裸れした。

まあこんなのもたまにはいいか、とデレステしてたら、プロデューサーが喘ぎ声の中、喋りらしたのれす。
「な、ななみちゃん…お、おかえりなさい…た、大漁だった?ねえ大漁だった??」
…七海は突然の、しかも想定の範囲を超えたセリフにポカーンとしてしまいました。
プロデューサーは素に戻って、「…返事して欲しい」と恥ずかしそうに七海に言ったのれす。

プレー再開。・・・キャラとかタップしつつスマホをさわさわと触りました。
「な、ななみちゃん、大漁だった?」
「はい、大漁れしたよ」 「あぁぁぁあぁすごいいいぃいぃ!、、な、なにが、、ハァハァなにが捕れたの?」
判定ラインを指でやさしくタップしながら七海は答えたのれす
「…鯛とか、、、ヒラメがいっぱい捕れたのれす」
セリフを聞き、プロデューサーはびくんびくんと身体をひきつらせました
「はっ!はぁぁぁあんっ!イ、イサキは?イサキは、と、取れたの??」
スライドをさばく
「はい。でかいイサキが取れました。今年一番の大漁れす。」
「大漁っ!!イサキぃぃ!!ななみちゃんかわいいいいぃぃぃい ぃくううううう!」

実話れす。。きっと漁師の人との幼い頃の体験というか、淡い恋心とかが あったんだろうなあ、といろんなことを考えさせられた一夜れした。

マゴチョーリ部隊

体調の悪さを理由に仕事があるのにも関わらず布団の中で現実逃避をしていた。

本当に今日は何もしないと決めてからはコタツとどデカイビーズクッションに挟まれゲーム動画を見るふりをしながら現実と夢の中を行き来していた。

夢の内容もゲーム動画の内容も何一つ覚えてはいない。

 

ここ1週間くらい大体23時位になると軽い動悸と共に手の甲に蕁麻疹が出るようになった。

今日も出るかなと思ったら蕁麻疹のじの字も出なかった。

はいはいそういう事ね。

 

知ってた。

 

来月からはもう少し仕事の量を減らそう。

デザインの足し算と引き算

デザインには足し算と引き算がある。

足し算は引っかかりを増やす事、引き算は視線を絞る事と自分は認識している。

何年も微力ながらデザインやイラストなど色んな見た目に関わる仕事をしてきてひしひしと感じたのが

「自分は足し算が全然できない」という事だ。

じゃあシンプルなデザイン極めればいいじゃね?と思っていた時期もありましたが、実はこれかなり致命的。

 

冒頭に書いた通り、自分の足し算と引き算の認識は引っかかりを増やす事と視線を絞る事だ。

足し算は弾数を増やして当たる範囲を広げ、引き算は的を絞ってより効果的に当てるイメージ。

つまり前者ができてこその後者だ。当たり前だけど。

弾数が多くないと的絞ったところで何も変わらない。

手持ち札がない。何も出てこない。

好みの問題もあるが去年勤めていた会社を辞め、ポートフォリオをまとめながら自分が作るものは足し算ができないが故に逃げてるなと感じてしまった。

 

話は変わるが、殆どのスマホゲームを辞めた反動で移動中音楽を聴くようになった。

音楽を聴きながらtwitterを眺める事が増えた。

たまたま下記のようなツイートを目にした。

「おかんが新しい音楽に目もくれず昔の音楽ばかり聴いてたの子供の頃は全く理解できなかったけど30過ぎた今おかんと全く同じことしてる」

ハッとして自分のスマホに入っている音楽リストを見る。

見事に時が止まっていた。

ここ数年で最近のアーティストどころか新しく知ったアーティストがほぼない事に気がついた。

 

これがインプットが足りないというやつか。

 

自分の制作物ももう少し幅を広げるためにはインプットをしっかり行い弾数を増やすべきだろう。

インプットしたい。したくない?インプット。

意識が高過ぎて大学生というパスポートを手にしてるだけの人間らが手ェ叩いて喜びそうな事を述べたが、要は新しいゲームで遊んだりアニメ見たり漫画読んだり映像作品眺めたりしたい。

レゴムービー2が観たい。あまりにも立派なインプットすぎる。

ヨッシーがやたら可愛い感じのゲームがしたい。インプットし過ぎて脳みそが爆発しそう。

前々から気になっていた百合漫画を大人買いして家でゆっくり読みたい。あまりにも莫大なインプットにアウトプットが追いつかないスーパークリエイターになれそう。

それを可能とする時間と気力と余裕が欲しい。

 

とりあえずApple musicを始めた。

コンビニ飯からの脱却を目指す

先月、地獄のような忙しさでほぼコンビニ飯しか口にしていなかった。

今月に入り、自分の細胞が全てコンビニ製だと思うとゾッとしたのでコンビニ飯を極力取らない方針を立てた。

サブウェイとパン屋が主食になった。

そうしてなんとか1週間持ったが、今日しわしわな上寒さもありコンビニのスープを買ってしまった…。

寒いのはダメ。

 

今日は久々に終電を逃した。

夜遅くまでいる時は終電をあえて見送りタクシーに頼る事が多いが、今日はあまりにも脳みそが機能しなかった。

荷物をまとめ担いだ後に眼鏡を持ち帰るのを忘れ鞄を下ろし眼鏡を入れ鞄を担ぐ。手帳が机の上に置いてあるのに気づきまた鞄を下ろし支度し直す。今度こそ帰ろうとしてふと机を見ると今度は財布が置いてあった。

そんな具合にもたもたしていたら自然とデッドラインを超えていた。

 

やや胃酸過多になりやすいので空腹のまま寝るのはあまり良くない(と思い込んでいる)ため、帰宅後飯に悩む。

いつもなら外で済ますか買ってくるのだが今日は不覚にも飯の事を忘れていた。

寒いのは本当にダメ。

コップばかりが積み上げられているシンク下の棚を覗くといつぞや頂いたフリーズドライの雑炊があった。

せっかくなのでお湯を沸かし食べてみる。

これは良い。

量も多くないので丁度いい。

炭水化物特有の作業感を量が少ないせいか感じない。

個人的にはこのおかゆみたいなやつだけでもいいけど、栄養価的に休日おかずを作り冷凍しておけば毎日の飯問題は解決しそうな気がした。

栄養とか言っちゃってるけどなんかこう…肉と野菜があればいいんでしょ?

自分が休日に料理ができるかどうかはさておき。

早速アマゾンで爆買いするためアクセスしちらっとレビュー欄を見たら

 

「入院で食が細くなってたので助かります!」

「子供が喜んでます!」

「入れ歯がなくても食べられます!」

 

なるほどね。

 

とりあえずポチり引き続きコンビニ飯からの脱却を継続してみようと思う。

 

ディストピアフード早く実装されてくれ…。

寝落ち理論値

自分は寝つきが非常に悪い一方日中寝落ちすることが多い。

そこで就寝時意図的に寝落ちできれば良いのではと閃いた。

最も寝落ちする確率が高いのはswitchでniconicoのゲーム実況を眺めている時だ。

見てるのではなく眺めている時だ。

爆笑できたり演出が派手なゲーム実況ではなく、比較的落ち着いた雰囲気で淡々と進めるような動画を脳みそ空っぽにして眺めてるといつの間にか寝てることが多い。

1週間試しにswitchだと光量が多いのでスマホ+耳から抜けやすいイヤホンで試してみた。

効果は百発百中。大抵記憶がない。

とても失礼かも知れないが、一度通しで見たものを垂れ流して眺めているだけなのでそこは許してほしい。

 

このまま夜寝れる人間になりたい。

ピクニックが好き

気がついたらもう4月になっていた。

春ですね。

落ち着いたらFGOのクリスマスイベやるんだと思い続けてたらクリスマスどころがバレンタインイベントも終了していた。

春ですね。

 

春はあたたかいので意味もなくぷらぷら散歩をしたり、町の老人しか乗ってなさそうな走行距離が短いバスに乗ってうとうとしたり、適当に軽食を用意してピクニックをしたくなる。

ピクニックと言っても何かイベント的な事をやりたいわけでなく、ただ自然を眺めながらぼんやりと時間を過ごしてるとそのうち寝てるのか寝てないのか分からない状態になったりする。

それがたまらなく好き。

時々睡眠障害に悩まされたり時間に追われたりする中うとうとしてたら休日が終わるの、最高に贅沢な時間の使い方をしてる気になる。

 

花見という文化、大変素晴らしいのだがもう少し気張らずにみんなぼんやりと過ごせたらいいのになと思う。

いい場所取らなきゃとか、いい飯準備しなきゃとか、音楽用意しなきゃとか、誰かの機嫌を取らなきゃとかお前らは人間見に来てんのかゴタゴタ騒ぐな人間帰れ今すぐ帰れ

 

ピクニック、やるなら秋ですかね。

のどかな公園の芝生にレジャーシート敷いて、一人でうたた寝したりシャボン玉吹いてるおっさんを見かけてもそっとしてください。